BLOG

今年も残りわずかになって参りました。今年もたくさんのレースに参加させてもらいましたが、まずは御礼をば。

いつも素敵なウエアを夜に送り出してくれるMountain Martial Artsさん、今年もおかげさまでテンション高くすべてのレースを楽しむことができました。

また日々きついトレーニングを繰り返しても全く怪我なく過ごせたのは、ハイパーミラクルアミノ酸ドリンク「オレは摂取す」のおかげです。(このコード「XE9HKARQ」でお得に変えますよ)

また僕のパフォーマンスが劇的に向上したのは間違いなくSPORTS SCIENCE LABのおかげです。ランニングパフォーマンス測定で弱点を明らかにし、低酸素インターバルでトップスピードとVo2MAXを磨き続けたから良い結果を得られたと思います。


さて、レースです。

■2019年のレース振り返り

エントリーレースは以下の通り。全20レースにエントリー。うちDNSが2回、そして開催中止が2回、ということで、実際に走ったのは16レース


  1. 1月12日 第36回・TAMA ハーフマラソン at FUTAKOBASHI(優勝だがタイム遅い)
  2. 1月20日 ALTRA TIME TRIAL SERIES(バテバテで5km17分台)
  3. 1月27日 第67回勝田全国マラソン(サブエガ達成!)
  4. 2月24日 第13回ふかやシティハーフマラソン(途中立ち止まるも79分でゴール)
  5. 3月10日 第7回サンスポ古河はなももマラソン(2時間43分でPB更新!)
  6. 4月7日 第5回奥三河パワートレイル(DNS)
  7. 4月26日 ULTRA-TRAIL Mt. FUJI2019(MEN40位で完走)
  8. 5月12日 第9回TOKYO成木の森トレイルラン(12位)
  9. 5月19日 第7回 飯能アルプス~奥武蔵丸山トレイルラン(相方さん付添い)
  10. 5月25日 比叡山インターナショナルトレイルラン50mile(DNF)
  11. 6月9日 スリーピークス八ヶ岳トレイル(相方さん付添い)
  12. 6月15日 S-Mountain YUZAWA SKY EXTREME 2019(調子よくなかったが準優勝)
  13. 6月23日 2019乗鞍天空マラソン 42.195k(3時間21分56秒、で15位)
  14. 8月3日 NOZAWA TRAIL FES(ぶっ潰れるどころの騒ぎじゃない)
  15. 9月14日 信越五岳トレイルランニングレース2019〜パタゴニアCUP110km(一番良くできた、10位総合入賞)
  16. 10月6日 斑尾高原トレイルランニングレース2019(なんとか10位に)
  17. 11月10日 日光国立公園マウンテンランニング(デブデブの結果)
  18. 11月16日第5回FunTrails Round 秩父&奥武蔵 100K(開催中止)
  19. 12月1日 第14回湘南国際マラソン(DNS)
  20. 12月8日 IZU Trail Journey(なんとか完走)
  21. 12月22日 TOKYO 八峰マウンテントレイル(開催中止)


こうしてみると、たくさんエントリーしてるけど、会心の出来と言える(太字にしてみました)レースはごくわずか。4/16の確率です。

  • 1月27日 第67回勝田全国マラソン(サブエガ達成!)
  • 3月10日 第7回サンスポ古河はなももマラソン(2時間43分でPB更新!)
  • 4月26日 ULTRA-TRAIL Mt. FUJI2019(MEN40位で完走)
  • 9月14日 信越五岳トレイルランニングレース2019〜パタゴニアCUP110km(一番良くできた、10位総合入賞)

この4レースについては、レースに向けてコンディションを整えることができ、結果につなげることもできて満足しています。特にはなももマラソン信越五岳は今年のベストレースと言えるでしょう。ゴールして吠えることができたレース。UTMFはちょっと微妙だけど。


一方で、コンディションは整わなかったものの、そこそこがんばれたレースもあります。

  • 5月12日 第9回TOKYO成木の森トレイルラン(12位)
  • 6月15日 S-Mountain YUZAWA SKY EXTREME 2019(準優勝)
  • 6月23日 2019乗鞍天空マラソン 42.195k(3時間21分56秒、で15位)
  • 10月6日 斑尾高原トレイルランニングレース2019(なんとか10位に)

僕にとってコンディションが整わない=体重が重い、なんですが、この4つのレースはかなり体重が重い(71-74kgくらい)にも関わらず、それなりに成績を出すことができました。昨年までだとこの体重なら20位圏外になることが多いのですが、ベースの走力アップを実感しています。

UTMFや信越など、ビッグレースのあとはやはり崩れがちですね。


大失敗レースもあります。

  • 1月20日 ALTRA TIME TRIAL SERIES(バテバテで5km17分台)
  • 2月24日 第13回ふかやシティハーフマラソン(途中立ち止まるも79分でゴール)
  • 5月25日 比叡山インターナショナルトレイルラン50mile(DNF)
  • 8月3日 NOZAWA TRAIL FES(ぶっ潰れるどころの騒ぎじゃない)

このあたりのレースはまるでだめでした。ALTRA TIME TRIALは練習よりも遅いタイムだし、ふかやシティは途中で立ち止まる始末。比叡山は最初から調子が出ずに完走できなかったし、野沢は序盤はトップ集団で戦うも、ぶっ潰れました。


こんな形でなかなかピーキングして望む集中力の在庫は「年間3,4回」というのが自分でも感覚としてわかりましたし、やはり出場するレースは絞っていったほうがいいな、と改めて思いました。好きなんできっと出ちゃうんですが、楽しみ方を変えたいと思います。


■2019年の練習計画と実績

2019年の年間走行距離は、5,349km(計画差-1,201km)134,924m(計画差-125,076m)となりました。過去最高距離(平均446km/月)、最高獲得標高となったものの(平均11,244m/月)、計画とは大きく乖離する結果となりました。

そもそもの計画が強すぎた、というのもあるんですが、100マイルレース後の1ヶ月がどうしても凹んでしまうのは、自分でやってみて改めて実感。UTMFの次月(5月)、信越五岳の次月(10月)はやはり凹みました。これは最初から計画に織り込んでおいたほうが良さそうですね。


■2020年の抱負

「ITRAポイント720オーバーを目指す」

「フルマラソン2時間28分を目指す」

コレで行きます。720オーバーになっても対して意味はないんだけど。

僕のITRAポイントは、656と普通よりはちょい速いくらいのレベルでして、一流レベルにはまだまだ到達できていません。ITRAの指標でいうと、ADVANCEDレベル、ということでまだまだなわけです。ちなみにダブサバで一番速い村田で718、というところ(つまりは一旦今年の村田を超える、が目標)。

ITRAポイントは過去36ヶ月のベストレーストップ5のリザルトをもとに算出されるのですが、僕は2019年レース3つ、2018年レース2つでポイントが構成されていて、2020年はこの4/5を塗り替えに行きたいと思います。というか、この前のITJカウントされてるのか!

ITRAポイントをベースに考えると、強豪ひしめくレースで好成績を収める必要があります。マイナーレースで上位入賞を収めても、700以上はなかなかポイントが出にくい。

競合ひしめくミドル〜ロングレースに出まくる、のが良さそうだし、個人的にも50km〜100km前後のレースに特性があると思ってます。フルマラソンのスピードがあるので、それが活かせる距離が適正なんだろうと思います。ちなみに現在の僕のポイントポートフォリオは以下です。

死ぬ気で走ったUTMFや信越より、たまたまうまくいった房総半島のほうがポイントが高いのが皮肉ですが・・・計画としては下記が勝負レースと目標です。

730-740点以上の点数が獲得できそうなレースとその順位です。まずUTMFですが、23時間台を狙っているので、うまく行けば750点前後を獲得できるはず。

続く奥久慈は、ランボーズがガチレースを行うようなので、そこに勝手に対抗!w コーチのテイシュさんらがガチで走るとなると、上位陣のポイントもぐっと上がるんじゃないかと予想してます。3位くらいを狙いたいですが、去年3位が長田選手なんですよねぇ・・・無理そう・・・

そして3本目は久しぶりの「キタタン」です。山のダメージが心配なエリアですが、真夏のミドルレンジエリートレース、ポイントもバカ高い。キタタンはうまく走れたことが一度もないのだけど、2020年は再チャレンジしてみたい。

4本目は上州武尊、Sky View Trailです。国内難関レースの一つですが、今まで信越を優先してきたのですが、2020年こそチャレンジしようかな、と。

2020年は12月の頭に福岡国際マラソンがあるので、上州武尊が終わったらフルマラソンシフトします。ファンランとして毎年でている斑尾高原、日光国立公園マウンテンランニングは出ると思うのですが、練習はあくまでフルマラソンシフト。

10月半ば〜フルマラソンシフトし、平面スピードを上げていくことに特化。2時間28分を目標に頑張りたい。


ということで、2020年はよりフォーカスしてスピードを狙う一年にしたいと思います。要所要所、ファンラン的なレースも入れていきますが、上記4つで出し切ります。


2020年も「速いは楽しい」をモットーにトレイルを、たまにロードを駆け抜けたいと思います。2019年もお疲れさまでした!


■復調傾向の11月

まったくもってやりきった感のない10月を経て、11月は割と復調傾向で終えることができました。序盤に日光国立公園マウンテンランニングがあり、12月1日の湘南国際に向けて(DNSしたけど)のレスト期間を考慮してこの量をこなせているのは、かなり良い感じと言って良いでしょう。

とはいえ、改めて8月の練習量とかを見ると、圧倒的に負けている・・・8月のオレすごいな・・・

■我、ロードの鬼とならん。

しかし、湘南国際を走れなかったのはいたかった。本番となる別府大分にぶっつけ本番となるため、どうしても走っておきたかったが・・・しかたなし。

今期初のフルマラソン「別府大分」で見事2時間35分を切って、来年の福岡国際マラソンへの切符を手に入れたいと思います。


大きく捉えると、僕の課題は以下です。

  • 体重(66kgまで落とす)
  • Vo2max(70/ml/kg/分まで伸ばす)

体重は問答無用で落とさなければいけないのですが、トレイルをやっているだけだと補給食の関係もあり痩せない気がしてきた。というか別の刺激が必要そう。さらにVO2MAXはロングトレイルではなく、ショートトレイルでこそ磨かれる気がする。

ということで、大好きなロングトレイルは封印し、ショートトレイルをスピードランし、さらにロードの練習(主にインターバルなどのスピード錬)を激烈に増やしていく予定です。


目標達成のためには、何かを犠牲にしなければならない。犠牲のない達成に、達成感はない。ということで、我、ロードの鬼となります。


がんばります。



■復調傾向の11月

まったくもってやりきった感のない10月を経て、11月は割と復調傾向で終えることができました。序盤に日光国立公園マウンテンランニングがあり、12月1日の湘南国際に向けて(DNSしたけど)のレスト期間を考慮してこの量をこなせているのは、かなり良い感じと言って良いでしょう。

とはいえ、改めて8月の練習量とかを見ると、圧倒的に負けている・・・8月のオレすごいな・・・

■我、ロードの鬼とならん。

しかし、湘南国際を走れなかったのはいたかった。本番となる別府大分にぶっつけ本番となるため、どうしても走っておきたかったが・・・しかたなし。

今期初のフルマラソン「別府大分」で見事2時間35分を切って、来年の福岡国際マラソンへの切符を手に入れたいと思います。


大きく捉えると、僕の課題は以下です。

  • 体重(66kgまで落とす)
  • Vo2max(70/ml/kg/分まで伸ばす)

体重は問答無用で落とさなければいけないのですが、トレイルをやっているだけだと補給食の関係もあり痩せない気がしてきた。というか別の刺激が必要そう。さらにVO2MAXはロングトレイルではなく、ショートトレイルでこそ磨かれる気がする。

ということで、大好きなロングトレイルは封印し、ショートトレイルをスピードランし、さらにロードの練習(主にインターバルなどのスピード錬)を激烈に増やしていく予定です。


目標達成のためには、何かを犠牲にしなければならない。犠牲のない達成に、達成感はない。ということで、我、ロードの鬼となります。


がんばります。



12月に入りましたが、うーん、入り口からまずい入り方になりました。反省して、次にぶつけたい。


■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(DNS)
  • 「ITJでベストテン!」(1週間後)
  • 「UTMFで24時間切り!」(20週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:82.2km→42.1km
  • バイク走行距離:0km→0km
  • 週間TSS:576→340
  • 目標体重:69kg→72.6kg


■振り返り

湘南国際に向けて調整をした1週間でした。仕事周りでの突発的な会食があったりしてなかなか予定通りのレストを取れなかったため、走る総量を調整して当日へ。

が、朝起きると全くカラダが動かず。思い、痛い。

久しぶりのDNSをかましました。。。無念。


■来週に向けて

  • ランニング走行距離:140km
  • バイク走行距離:0km
  • 週間TSS:880
  • 目標体重:69kg

週末に今年最後のトレイルレースである伊豆トレイルジャーニーがあるため、軽めのメニューにしてますが、フルマラソンほど完全にレストするのではなく、ちょっとカラダを動かしながら調整したいと思います。

今回休みすぎてイマイチだったので、ちょっとゆるゆるでもカラダを動かしながら当日を。気持ちよく走りたいぜ!


フルマラソン一週間前にこんな質量のトレーニングを積んではいけないでしょう。この2週間で350km走ったw

うん、わかってます。視点はさらに先を見ているので、問題なし。しかしもう少し体重減らしたいんだけどw

■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(1週間後)
  • 「ITJでベストテン!」(2週間後)
  • 「UTMFで24時間切り!」(21週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:145km→163km
  • バイク走行距離:22km→40km
  • 週間TSS:1015→1082
  • 目標体重:68kg→70.7kg


■振り返り

強度は低かったものの、計画を超える形で距離を踏むことができた。地元のトレイルが復活してきているのが何よりうれしい。サクッとトレイルに出かけられるのは何者にも代えがたい。

一方で、土曜日に予定していた30km走が未実施になってしまったため、湘南国際はだいぶ感覚で突っ込むしかなくなった。とはいえSSLABでの測定が火曜日にあるので、それをある程度のリトマス試験紙とする予定。


■来週に向けて

  • ランニング走行距離:82.2km
  • バイク走行距離:0km
  • 週間TSS:576
  • 目標体重:69kg

とにかくレスト、ランもほぼジョグのみ。火曜日のSSLABでのランニングパフォーマンス測定のみ刺激入れ、という感じで。TSB+30、体重69kgで当日を迎えられたら2時間40分切りあると思います。


日光国立公園マウンテンランニングに出たばかりだったのですが、回復ルーティンがうまくハマり、久しぶりに質の高い練習をすることができました。

■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(2週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:189km→195km
  • バイク走行距離:25km→20.1
  • 週間TSS:1365→1143
  • 目標体重:69kg→71kg


■振り返り

今週は久々に距離目標達成、体重も74.15kgから71kgまで3.15kgの減量に成功し、満足度の高い週にすることができました。TSS1100超えは信越五岳前に追い込んでいた時期とほぼ同水準に持って行けているので良い感じです。来週は少し強度を下げますが、引き続き実行力高くやりたいと思います。

また大会後のリカバリーがめちゃうまく行ったのも○。サポートしてもらっている「オレは摂取す(割引コード「XE9HKARQ」)」をレース直後、風呂後、寝る前に摂取して、アルニカオイルで帰宅後鬼マッサージしたのがガッツリ効いた感じです。ロングはこれでも足りないと思いますが、ショートレンジならけっこうこれで良さそう。


■来週に向けて

  • ランニング走行距離:145km
  • バイク走行距離:22km
  • 週間TSS:1015
  • 目標体重:68kg

そろそろ湘南国際に向けて、ペース走を増やしていきます。とは言え、あまり記録が狙えなそうなので、その次の週のITJに向けた練習をしたいと思います。


久しぶりに計画オーバーのトレーニングができました。一方で体重が減らないどころか増える一方で、今週から一気に減らしていきたいと思います、気合い入れます、押忍。


■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(3週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:92km→70.4km
  • バイク走行距離:25km→76.3km
  • 週間TSS:735→764
  • 目標体重:70kg→74kg


■振り返り

まず毎週行っているFTPテストにおいて、227をマーク。毎週成長している感じがあり、とても良い感じで進捗している。また金沢文庫近辺のトレイルが復活しており、少し走ってみたが、やはり地元エリアにトレイルがあると一気に距離が進む。週末もここで追い込もう。

レースとして日光国立公園マウンテンランニングが日曜日に開催された。結果は昨年よりも10位ほど落としてしまったものの、超過体重にしては最低限のパフォーマンスは発揮できたかな、と。

SSLABでの低酸素インターバルは若干疲れが残っていたため、ベースアップは出来ず。来週はインターバルでなく、低酸素ペース走にしようかな。

View this post on Instagram

【SSLABは「精神と時の部屋」】低酸素インターバルに行く前は、歯医者に行く前のような「イヤな」気持ちになる。なぜなら確実に苦しいから。 なぜ人はあえて時間を割いてまで、苦しみに行くのか。それは苦しみの先に成長があるからだ。って、じっちゃんが言ってた。 したがって、インスタントに苦しめる環境をたくさん作れれば、成長は速くなる。そんなマゾヒストな哲学を持っている僕にとって、 スポーツサイエンスラボは「精神と時の部屋」のようなもの。 トレーニングを終え、部屋から出る時は成長している錯覚に落ち入れるのもいい(笑笑 メニューは、 3min×6本インターバル(r2min)18km/h(3'14ペース)にて。 前日にかなり高強度なトレーニングを行なっていたのにもかかわらず、このメニューをこなせたのはある程度の自信に。 来週はレストを短く刻んでみよう。 ちなみに少し痩せてきたかな、、、 #doublesurvivor #mountainmartialarts #MMA #マウンテンマーシャルアーツ #エムエムエー #mmamaniacs #mmastagram #オレは摂取す #スポーツサイエンスラボ 次のターゲットレースは、 #日光国立公園マウンテンランニング #ITJ #izutrailjourney #湘南国際マラソン で2時間40分ぎり!

A post shared by (旧)アドマンです。本名:ワタナベダイスケ (@a_d_m_a_n) on

■来週に向けて

天気も回復してきたので、長めのランニングを多くいれて、とにかく体脂肪を落としまくりたいと思います。ここでなんとかしないと、湘南国際どころではない!とにかくTSS掛けていき、一気に食生活を変えて頑張りたいと思います。

  • ランニング走行距離:189km
  • バイク走行距離:25kmkm
  • 週間TSS:1365
  • 目標体重:69kg

先週よりは良い、という感じで進捗。土日のトレーニングがかなり良い感じで詰むことができたので、良い傾向と言えるでしょう。


■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(4週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:145km→55.1km
  • バイク走行距離:0km→150km
  • 週間TSS:1280→794
  • 目標体重:69.5kg→73kg


■振り返り

火曜日に休みをもらってトレーニングする予定だったのですが、雨天と体調により不可能に。エニタイムフィットネスで坂練でもするかぁ、と電車移動するも、筋トレしたのちに体調が悪くなり、2kmしか走ることができず。その鬱憤をzwiftにぶちかまし、なんとかTSS200を獲得。FTP testでは210を越えることができたので、復調はしている。

SSLABでのインターバル(3分-2分レスト)*6本を時速18.5kmで回せるようになったので、ここも成長を実感。来週も同様の強度で行い、再来週には時速19kmで挑んでみたい。

なんとか弱のTSSに落とし込むことができました。

土曜は丹沢に行く予定が、愛用の時計を紛失し、大捜索に5時間も時間をかけてしまい、丹沢までいく時間を喪失。その代わりにHIITをかなりの量をこなし、高い強度でzwift50km。NPで222wなんで、そこそこ以上の強度。

さらに翌日は彼女とデート丹沢。走れるところは走りまくったため、こちらもよい強度(200弱)に。結果的に悪くない一週間にすることができました。とはいえ、計画実行度合いは低いため、来週は計画を実行することを主眼に置きたい。

■来週に向けて

週末に楽しみにしていた日光マウンテンランニングが開催されます。めちゃくちゃ楽しみにしていたものの、自分のコンディションは60点のため、楽しみながら良い刺激を入れていきたいと思います。とかいいつつ、スピード練が3つも予定されているため、果たして楽しめるのか???笑

  • ランニング走行距離:92km
  • バイク走行距離:25km
  • 週間TSS:735
  • 目標体重:70kg

■個人的ワースト月間

目標としていた月間TSSは4000〜4500。かなりのショート。トレーニングに集中出来ていた8月と比較すると一目瞭然。

ランの距離が踏めていないのはもちろん、D+もほとんど獲得できていない。この理由は共通していて、トレイルに行く回数がほとんどなかったから。実際山らしい山を走ったのは斑尾高原のレースくらいで、それ以外はほぼ走っていない。一度トレイルに入れば40kmでも50kmでも一人ではしれてしまうタイプなのだが、山にそもそも行っていないので、距離も獲得標高もショートしてしまった。


■原因分析

外部・内部要因があるが、とりあえず上げてみると、

  • 台風により近所のトレイルが全滅し、気軽に山に入れなくなった(8月は金沢文庫のトレイルで1発60kmくらいのトレーニングが出来ていた)
  • またそもそも☂が多くて山に行くのが億劫(寒くなってきたし)
  • 信越後の不摂生により計画していたトレーニングが未実施に
  • 長距離のトレーニングを開始するも、途中不調で計画量をこなすことが出来なかった

このあたりが大きく響いてしまったと思う。アルコールを飲む→山に行ける時間に起床しない→ロングロードをやろうと思うも途中で不調に、みたいなループが多く、非常に満足度の低い月間となった。


■11月に向けて

11月(付近)は

  • 日光マウンテンランニング(11/10)
  • 湘南国際マラソン(12/1)

とレースが2つはいっており、湘南国際マラソンはそれなりの勝負度で挑むため、あまりTSSは詰めない想定。4000いけるかな?距離もなんとか絞り出しても400kmいけるかどうか、だと思う。

一方で、スポーツサイエンスラボでの超高強度練習を代表とする短時間だが効果の高い練習は回数的に増やしていくので、ここでうまく強度を担保したい。


11月末にはランニングパフォーマンス測定も実施予定のため、11月の目標としては、

ランニングパフォーマンス測定において、

  • フルマラソン想定タイム2時間28分を切る(到達スピード25km)
  • vo2max70超え

上記数値を目指しつつ、実ランニングでの成長実感を感じるためにも、低酸素インターバル(1000m✕6本)を

  • 時速19km(3'09/km)

で6本回し続けられるようにしたい。

さらに出力も高めたいので、zwiftによるFTPテストで

  • FTP240

を達成したいと思う。

さらに軽量化もマストなため、67kgを目指してカリカリに調整する。


とすると、必然的に禁酒+糖質制限はやむを得ないな・・・がんばろう。




先週に引き続き計画割れ。体重は減らず、これは俗に言うスランプなのかもしれない。ちょっとよろしくないな―。今週でリカバリーしなくては。


■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(5週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:138km→76.8km
  • バイク走行距離:0km→115km
  • 週間TSS:1130→591
  • 目標体重:70kg→72kg


■振り返り

高い負荷をかけるべき休日に計画どおりのトレーニングをこなせず、大幅に負荷割れ。とはいえ、低酸素インターバル、SSLABサポートによるスピード練習なども実施。低酸素はまだこなせたが、織田フィールドにおけるスピード練は撃沈。

兎にも角にも体重が全く減らせなかったので(全部アルコールのせいだ)、ここは気合のいれどころである。


■来週に向けて

  • ランニング走行距離:145km
  • バイク走行距離:0km
  • 週間TSS:1280
  • 目標体重:69.5kg


今週はとにかく強度ではなく、体重を減らすための運動をこなしたいと思います。できる限り長時間、脂肪を燃やせるようなトレーニングを行いたいと思います。やはり体重が減らないと事故評価が比較なってしまいまずい。


台風明け、かつ風邪が長引いている+足首の不調+今週から取り入れ始めたHIITによる筋肉痛という四重苦に苦しめられ、なかなか思うようなトレーニングが実行出来ませんでした。HIITは組み合わせ次第で無限の可能性があるな。


■当面の目標

  • 「信越五岳110Kにおいて総合入賞。」→達成!
  • 「斑尾高原悲願の総合入賞!」→総合10位!
  • 「湘南国際マラソンで2時間40分切り!」(6週間後)


■今週のKPI

  • ランニング走行距離:110km→98.4km
  • バイク走行距離:20km→78.2km
  • 週間TSS:925→877
  • 目標体重:70.5kg→71kg


■振り返り

体調が物理的にも内面的にも良くなく、トレーニングしたくても出来ない水曜日、木曜日を過ごしてしまった(赤は計画トレーニングの未実施を意味する)。特に足首の痛みが信越以降長引いてしまっており、峠走などが出来ない状態でストレスである。信越に向けて頑張っていた8月末くらいのCTLは150を超えていたのに、今は100そこそこ。このままではいかん。

痛みのある足首、ふくらはぎ周辺は寝る前30分ほどを使ってオイルマッサージ。結構オイルで自分の身体確認をすると、TPの数値とは相関しない隠れた疲労というか、蓄積されたダメージがを感じたりもする。休むかどうかの決断は難しいなぁ。

一方で、収穫としてはHIITに取り組み始めたことで、体の新たな箇所が開発されている感isある。HIITをご存じない方は、こちらの本でも読んでみてください。

僕の弱点はレース序盤のダッシュにあるんだけど、HIITはまさにそんな僕の弱いところを鍛えられそうなトレーニング。その後のトレーニングの汗のかき方も半端なくなるので、ランナー諸君にはおすすめです。


■来週に向けて

  • ランニング走行距離:138km
  • バイク走行距離:0km
  • 週間TSS:1130
  • 目標体重:70kg


誕生日週かつ会食もそれなりにある週ではあるものの、祝日もあるので、プラマイ1100台のTSSは狙っていきたいところ。またそろそろ増えすぎた体重を最適化していかないと、11月に行われる日光マウンテンランニングに間に合わないし、何よりROAD TO FUKUOKAプロジェクトで協力してくれているSSLABから課せられているメニューをこなせない。

ということで、8時間ダイエット+糖質制限も合わせて開始します!


本来アスリートに過度なプレッシャーを駆けるべきでないし、トレイルランニングという競技の性質上「気負わずがんばって!」というのが正しいのかもしれませんが・・・あえて言わせていただきましょう!(本人も「プレッシャーすらも力に変えて、最終戦、最高のパフォーマンスを発揮します」と言ってるしw)


上田瑠偉、期待しているぞ!

ラグビー日本代表、バレー日本代表共に連日、日本に希望を与えてくれるような大活躍。血沸き肉踊り毛が逆立つ興奮を与えてくれています。特にラグビーはすごい。マイナーな(すみません)スポーツから、一気に国技レベルのメジャー感が出てきました。

一方、先日の史上最強台風の影響により、日本のトレイルは(まだわかっていないところがたくさんあるけれども)甚大なダメージを追ってしまいました。あまり味わったことのない、絶望感のようなものを感じます(そして、今こそ遊ばせてもらった恩返しをしなければならない)。日本全国のトレイルランナーの皆さん、がんばって復旧・復興に力を尽くしていきましょう。

合わせて、日本最高峰のレースである「ハセツネ」も史上初めての開催中止、となり、日本のトレイルランニング業界が少し暗い感じになっていたりもしますが・・・そう、日本には大砲「上田瑠偉」がいます!

そしてその瑠偉くんが今週末土曜日(日本時間20時から)Skyrunner World Series 2019最終戦に挑みます!以下瑠偉くんのブログから引用。


①年間16戦あるスカイランニングのワールドシリーズ戦
②通常レース(優勝すると100P)が11レース、Super Skyrace(ポイント2倍)が4レース、Sky Masters(ポイント2.5倍)が1レースで構成
③その中で最も成績の良い4レース(Super Skyraceは2つまで)+Sky Mastersの5戦の合計ポイントで年間ランキングが決定

④昨年まではSKYとULTRA&EXTREMEのカテゴリーに別れていたが、今年から統一

といった感じです。

なお、今週末のSky Mastersには

・Sky Masters前の暫定ランキングTOP30

・52週ランキングのTOP30

・Super SkyraceのTOP10

・通常レースのTOP5

・ナショナルシリーズの年間王者

・+αのクオリファイレースの優勝者

のみ出場できます。


瑠偉くんは現在暫定世界2位、です。世界一が見えている!

今回は奥さんのtamaちゃんも現地入りするとの情報も得ております笑 これは負けられないでしょう!笑


ぜひ今週の土曜日は(天気も悪そうだし)昼間はトレイルワークしつつ、夜になったらビール片手に上田瑠偉を日本のトレイル業界を上げて応援しようではありませんか!


またご興味ある方は、鎌倉の渡邊邸(と言っても小さな家ですがアクセスは良いのとテレビはそこそこでかい)で一緒に飲みながら応援する方は言ってくださいませ。お手製餃子をおつまみに、ビールごくごくやりましょうぞ!


最後に、瑠偉くんプレッシャーと応援を力に変えてがんばれ!!!